老後の計画を立てたい方向け ライフプランニング

安心した老後を送るための計画は立っていますか?
おカネのプロのファイナンシャルプランナー(FP)と一緒に
計画を作りましょう。
安心した老後の生活を送るにはいくら必要かご存知でしょうか?
その老後資金の準備、いつから始めますか?
弊社FPはご退職直前はもちろん、30、40代からゆっくりと始める老後準備もお客様と一緒に考え、サポートを行い、生涯に渡ってお付き合いさせていただいております。
FPはいわば「おカネのホームドクター」です。
お客様から定年後の人生設計の夢やご希望をご相談いただき、金融、不動産、住宅ローン、生命保険、税制などの知識を活用し、経済的な面からその実現をサポートしていきます。金融先進国アメリカでは社会保障が日本ほど充実していないことから、一般家庭においてFPの活用は当り前のものとなっています。
日本においては特定の金融機関や証券会社、保険会社に所属する「企業系FP」が8割以上を占めているのが現状です。「企業系FP」は特定の企業に属するため自社の商品や手数料収入の高い商品を勧めざるをえません。
弊社は特定の企業に属しない「独立系FP」として、中立・公平な立場からお客様に最適な商品を選択し、ご提案させていただくことができます。
保険、不動産、証券といった金融商品のご相談、ご提案のみならず、老後に海外や地方に移住することによって、おカネの価値を相対的に高め、ゆとりを得るといったお客様の個別状況に合わせたライフプランのご提案もできることが弊社の特徴です。
財政難・超高齢化の日本でむかえる老後とは
2012年の日本人の平均寿命は男性79歳、女性86歳となっており、仮に60歳で定年を迎えたとするとその後約20年間以上の時間を過ごすことになります。
現在日本の財政が危機的な状況にあることは既にご周知の通り、年金受給年齢も段階的に引き上げられ、現在では67~68歳に引き上げる議論がなされています。今後も社会保障の不安は拭いきれません。
公的年金や退職金だけが頼りでは70歳を超えた頃から医療費や介護費などが不足してきます。また平均寿命も伸びていることから、老後の資金が尽きかけた状況になっても体は元気な状況も十分に考えられます。
現在高齢者の7割以上の方が経済上の理由に働いていると言われていますが、ご退職後はおカネに振り回されず、生きがい、社会参加を目的に働き、趣味や生きがいのために充実した豊かな時間を送れるようにしていただきたいと考えております。
サービス・料金一覧
※当社管理委託のオーナー様は無料でご利用いただけます(一部適用外有、詳細はお問い合わせください)。
分析・対策
サービス名 サービス内容 価格
ライフプランシート作成 家計の将来設計の作成を行います。 21,000円(個別相談60分込)
10,500円(簡易版)
家計分析 収入・支出の整理を行い、問題と対策を分析します。 10,500円
お役立ちツール
サービス名 サービス内容 価格
年金終価
シミュレーション
資産運用計算シート。 315円
老後必要生活費
シミュレーション
将来設計計算シート。 315円
その他
サービス名 サービス内容 価格
相談料 当社FPによる個別相談。 3,150円(1時間)
顧問料 継続的な顧問契約。 1か月 5,250円~(要相談)
※出張訪問の場合は別途交通費をご請求させていただきます。
※価格は全て税込です。
ページの先頭へ ページの先頭へ