Ad-strategy

-広告戦略-

「集患戦略の最適化」こそが患者数upの近道

広告を出す目的は、言うまでも無く「集患(集客)」するためです。少しでも多くの方にその広告に目を止めてもらい、自社クリニックのサービスや商品をアピールし収益upを狙います。その一方で、広告を出していても納得できる効果が得られない、という話もよく聞きます。

この大きな理由として2つ挙げられます。
それは、ライバルとなる他クリニックも広告を出しているため、競争が激化していることが理由にあります。年々増加傾向にある医療美容業界では、特にその傾向が顕著に表れています。

そしてもう1つの理由。それは、適切なタイミングで・適切な広告媒体を使い・適切なターゲット層に広告をアピールできていないことが挙げられます。
闇雲に広告を出している限り、納得のいく効果を得ることは難しいでしょう。もし仮に効果を得られたとしても、広告コストが高く、費用対効果の面でデメリットとなるはずです。

これは裏を返して言いますと、適切なタイミングで・適切な広告媒体を使い・適切なターゲット層に広告をアピールできれば、広告を使った集患(集客)戦争の勝者になることができる、という意味にもなります。

この、適切なタイミングで広告を出す・適切な広告媒体を使う・適切なターゲット層に広告をアピールすることを、弊社では「集患戦略の最適化」と呼んでいます。弊社では、この集客戦略の最適化に加え、他社には真似できない包括的な広告戦略でコンサルティングを行っていきます。

 

 

売上を「因数分解」する

美容クリニックにおける「売上」は以下の式で表現することができます。
・売上(医業収⼊)=患者(客)数 ×患者(客)単価

そして、患者(客)数は以下のように表現することができます。
・患者(客)数=新規患者+再診患者+紹介患者

この様に因数分解したのには理由があります。それは、患者のターゲット(属性)によってクリニックの集患対策が以下のように異なるからです。


●新規患者
・・・認知してもらうための広告

●再診患者や紹介患者
・・・定着するための接遇やホスピタリティ、紹介キャンペーンなど


さらに、単価アップには「商品力」が必要となります。


ただ漠然と売上をupさせたいといっても、ターゲットによってこれだけ対策が異なってきます。ということは、ターゲットによって広告も変わってくるという結論になるのです。

広告を出しても納得のいく結果が得られない原因は、ココの対策が間違っている可能性が高いのです。

 

 

Main-strategy

-弊社の主な集患戦略-

SNSマーケティングの重要性が拡大しています。
スマートフォンで流行情報を調べる際にはGoogleでの検索よりも、インスタグラムをはじめとしたSNSを利用した検索が多くなっております。

 

Instagramの特徴は、大きく3つあります。
●⾃社コンテンツとして残る (ストック型)
●運⽤実績が⻑いほど、付加価値(影響力)が増していく
●⾃社サービス(施術・商品)に興味のあるユーザーを獲得しやすい

 

実際にSNSの運用をクリニック内で行うことも一般的になっております。

 

その一方で、Instagramの運用をクリニック内で行っていくには、以下のような難点があります。
●担当の退職などでアカウントが停止・停滞するリスクがあります
●医療広告ガイドラインに従った適切な運用ができないことがあります
●投稿頻度が守れずに、成果が出ないアカウントになることがあります
●投稿やリールのトレンドを理解しないまま、作成してしまう可能性があります
●目的設定がない場合、効果検証が行えず施策の善し悪しが判断できません

 

簡単に言いますと、Instagramを使った集患戦略は、専門的な知識が必要ということです。これを弊社では全て代行させて頂きます。


弊社のInstagram運用は、以下のように3つのフェーズに分かれており、これを着実に行うことで、最大限の効果を発揮するようなコンサルティングとなっております。

 

 

「MEO対策」

自院のサイトをGoogleマイビジネスに登録し、上位表示させるものです。クリニックをGoogleで検索をかけた際に地図情報が表示されますが、そこの上位3枠に表示させるための対策になります。この表示枠は、自然検索結果(SEO対策)よりも上部に表示されるケースが多いため、目に留まる機会が増え、サイトへの訪問者が増えます。従って、MEO対策を実施しているorしていないでは、訪問者数に雲泥の差が出てきますので、集患戦略を考える際には実施しておきたい対策の1つとなります。

さらに、「地域名+施術名・商品名」などで検索をした、購買意欲が高い方にもMEO対策はマップで上位表されるため有効となります。
この様にMEO対策は、実店舗があり、ユーザーが来店するビジネスには最適な集患方法となるのです。

但し、MEO対策にもいくつかのポイントがあり、そのポイントを抑えながら対策をしていかなければ一定の効果が得られません。

 

その1つに「KW(キーワード)選定」があります。美容医療に特化しているからこそわかる上位表示には欠かせない、関連性のあるKWの選定や、来院に繋がるKWの選定を得意としています。その上でクリニックに来院された後に患者さんのLTVをあげていくための導線設計などが必要になってきます。弊社では実際のクリニック運営で得た知見をもとにそこも含めてご提案させて頂いております。

 

 

Others

-その他の対策-

ここまでご紹介した集患戦略は、ほんの一例です。LINEをメインで集患しているクリニック様には「Liny」のご提案を、SEO対策が必要と判断した場合には「SEO対策」を、短期間での集患を希望している場合には、コストがかかりますが「リスティング広告」のご提案を状況に応じて、させて頂いております。

 

弊社が今のクリニックの状況にマッチした最適な方法をご紹介させて頂きますので、何でもご相談下さい。