資産形成
コンサルティング

弊社の不動産投資~MS法人の重要性~

「資産形成」と言えば、株式や債券、不動産等を思い浮かべる方が多いでしょう。一般的な不動産投資は、銀行から購入資金の融資を受け、ワンルームマンションや一棟マンションを購入して家賃収入を得る、という仕組みです。勿論、弊社でもシンプルに不動産投資の提案も行っております。美容クリニック経営者や医師に特化した不動産投資の提案でもあるため、収益性以外にも「節税・承継・相続税対策・キャリアプラン」といった要素を含めた不動産投資の提案となっております。

そこでポイントとなるのが「MS法人(Medical-Service法人)」です。これは、医療関連のサービスを事業目的とする法人で、株式会社や合同会社として設立されます。従って、制約の多い医療法人とは異なり、幅広いビジネスを展開することが可能となります。

平成19年より、医療法人は『持分あり』から『持分なし』が原則となり、『持分あり』では、医療法人の財産はオーナーである院長先生や親族に院長先生に所属しておりました。『持分なし』では財産の所属がないため、オーナーである院長先生に万が一のことがあった場合、その財産は国や地方公共団体の財産となります。一代で築いた財産を奥様やお子様に相続できないことも想定されます。かといって医療法人の利益を院長先生個人への役員報酬とすれば高額な納税となります。早い段階からMS法人へ財産を移行し、個人の所得税率と法人税率のギャップを利用し少ない納税額で資産を保全することができます。

Asset-formation
consulting

-資産形成コンサルティング-

 

 

Merit

-MS法人のメリット-

MS法人の主なメリットは大きく6つ

●利益を分散することで、法人税の節税ができること
医療法人が医療行為以外の仕事をMS法人に委託し、その対価をMS法人に支払う。結果、医療法人の収益が減り、法人税が減らすことができる。


●MS法人の利益を親族へ分散することで、法人税の節税ができ、低い税率で親族に分散できる
医療法人からMS法人へ支払われた利益の一部を、配偶者や子供などへ役員報酬として支給する。そうすることで所得が分散され、所得税の節税になる。さらに、MS法人の場合には退職金が支給でき、退職金は所得税が優遇されているので、その点においても節税になる。


●理事長個人の資産をMS法人に分散することで、相続税の節税ができること
理事長個人が医療法人へ建物を貸し、家賃として毎月受け取っていた場合、理事長の個人資産は増え続けていくが(所得税・相続税が膨らんでいく)、建物をMS法人に売却することで、家賃はMS法人に支払われることになり、理事長の個人資産が膨らまず所得税・相続税の節税になる。

 

●新たな事業展開ができるようになる
MS法人は医療法に拘束されないため、通常の法人同様、様々なビジネス展開が可能。その時代にマッチしたビジネスに参入できる。


●損金が作れる
通常の株式会社と一緒なので、小規模企業共済や接待交際費なども損金として計上可能。


●資金調達の選択肢が増える
医療法人ではできない、株式・社債発行による資金調達も可能となり、資金調達の選択肢が増える。

 

 

「不動産投資×MS法人」のスキーム

上述したように、MS法人と不動産は密接な関係にあることが分かります。弊社のスキームは、不動産投資とMS法人をフルに活用することで、節税対策・相続税対策が可能なスキームとなっております。

但し、クライアント様の状況が個々によって異なるため、様々なスキームを用意しております。詳細を知りたい方は、是非一度、弊社までお問い合わせ下さい。

Scheme

-弊社のスキーム-

 

 

Life‐plan

-ライフプラン-

「ライフステージに応じた資産形成」を提案

勤務医時代、開業前、開業後、拡大期、多店舗展開期などに加え、独身期や子育て期などさまざまなライフステージに応じて最適な資産形成を提案します。
リタイヤ時期やリタイヤ後のありたい姿をヒアリングし、そこから逆算し、無理のない資産形成をサポートします。
ご自身の資産が十分にある場合も、次の世代に承継するための施策も資産形成と考えております。