クライアント様の状況に応じた助成金をご提案します

助成金は融資とは異なり返済不要な資金調達です。特に創業時の資金の無い時点では非常に重要で利用しない手はありません。
雇用関係の助成金の存在は広く知られておりますが、経営者様の周りに助成金に詳しく、申請できるスタッフやパートナーは少ないものです。
雇用関係の助成金の目的は、労働者の雇用の安定させるためであり、失業の予防・雇用機会の増大・雇用状態の是正・労働者の能力開発等があります。
助成金は社会情勢に応じて日々変化します。新しい助成金ができたり、廃止されたり、助成金の内容や条件は変化しますので、常にアンテナを貼っておくことが大切です。
私たちは、クライアント様の状況を把握し、最新情報を提供して、最も負担なく取得できる助成金を提案します。

条件に合致するならほぼ受給可能です

雇用関係の助成金は、受給条件に該当すれば高い確率でもらうことができるものです。
雇用する前に申請することが必要な助成金もあります。そのため予め助成金の内容について知っておくことが大切です。
まずはご自身で最低限の受給条件を満たしているかを確認してください。

☑正社員を1名以上雇用している
☑雇用保険、社会保険を払っている
※社員数5名未満の個人事業主は雇用保険のみでもOK
☑半年以内に会社都合の解雇をしていない
☑残業代未払等、労務違反を犯していない

これらのチェック項目を満たしていれば助成金を受給できる可能性があります。
チェック項目を満たしてなくても改善することにより、助成金を受けられる可能性があります。

助成金に関する誤解や注意点について

・助成金は申請してから受給するまでに時間を要します。
早くて3ヶ月、長いものだと1年半を要する助成金もあります。

・小さな会社なので受給対象にならない。
人を雇いれている会社であれば、助成金を受給できる可能性があります。
(個人事業主でも受給できる可能性はあります)

・以前に申請したことがあるから簡単
要件は日々変化します。そのため最新情報が必要になります。インターネットで調べた情報は数年前に廃止された情報が掲載されていることもあります。また、すぐに利用できるのに新しい情報が掲載されていないこともあります。

医師・クリニック向けの助成金に関する特設ページが完成しました

是非下記のリンクよりご覧頂ければと思います。
https://w-c.co.jp/jyoseikinlp/